政策

コロナに打ち勝ち、ピンチをチャンスに

重症化防止にターゲットを絞り、3密を避けつつ社会経済活動を進め、 非接触非対面のデジタル社会を見据えた構造改革の断行

・重症化防止にターゲットを絞った検査、隔離体制を確立し、症状の重篤化を封じ込め
・高齢者及び基礎疾患保有者の行動制限とケア体制の強化
・デジタル化、マイナンバーカードの活用やオンライン教育のインフラ整備

身を切る改革、増税の前にやるべきことがある

行財政改革を断行し、無駄な投資は一切せず、将来の国民の皆様に ツケを残さない

・人口減少とそれに伴い税金の減収が避けられない時代に備え、公務員の人員数を削減
・人事院勧告制度を抜本的に見直すことにより、官民給与格差を是正
・高齢者の生きがいや居場所づくり拡充
・公的支出を受けている企業への天下りを全面禁止
・縦割り行政を脱却し、行政の効率化を追求し納税者の公平感、公正感を醸成

既得権益と中央集権の打破

中央集権という既得権益を打破し、統治機構改革で地方を活性化

・既得権にまみれた一部の企業、団体、個人だけが利益を享受できる現体制を打破
・既得権益を放置することによる非合理的な格差拡大の是正
・長らく中央集権のぬるま湯につかり、自ら思考することを放棄した地方自治体の再編
・国の既得権益である財源、権限、人間のいわゆる3ゲンを地方に移譲

年率4%の名目成長をもって、10年間で国民所得の50%アップを達成

労働生産性、賃金と企業規模との相関関係を直視し、企業規模を拡大する ことにより国民所得アップ

・最低賃金の引き上げにより、労働生産性を向上させる
・補助金漬けで、まったく努力しない企業をマーケットから追放
・規制緩和により新規参入を促進し、“未来”の大企業を目指す中小企業を支援
・民間主導の競争を促し、医療、農業、観光といった成長産業を育成

あらゆる格差が固定化しない社会の実現

教育に公的資金を投入し、経済的な理由で進学・学問の機会を 断念することがない教育環境の構築

・経済格差、教育格差、世代間格差等、社会の活力を失わせる原因である格差を放置しない
・公平公正な所得の再分配を駆使し、既得権者に迎合することなく、富の偏在を解消
・社会移動を容易にすることにより活力を取り戻し、将来の成長に結びつける
・教育の機会均等を保障し、誰しも出自や成育環境に左右されずその可能性に
・挑戦できる環境を作る為、憲法改正による教育無償化の実現

脱原発依存、脱炭素体制の構築を実現するための
再生可能エネルギー推進

地域資源を活用した再生可能エネルギーを推進することにより、 脱原発依存、脱炭素体制と自立分散型社会を実現

・福島第一原子力発電所事故により、我が国のエネルギー政策を大きく転換させる
・持続可能な地域づくりで自立分散、相互連携、循環共生を踏まえた再生可能エネルギーの推進
・第五次環境基本計画の地域循環共生圏の理念のもとに、地域資源を持続可能な形で活用
・各地域がその特性を生かした強みを発揮、自立分散型の社会を形成し、補完、支え合う

生命と安全を守るためのバランス重視の多国間外交を展開

日米同盟を基軸とし、バランスオブパワー(勢力均衡)に配慮した 米中拮抗時代の新しい外交

・イデオロギー視点の米中二元論外交から、普遍的価値観と国益を共有できる国々と多国間外交
・アジア地域における地域協力機構での存在感の向上
・日米地位協定の他の同盟国と同程度へ見直し
・周辺国の脅威、特に北朝鮮の核弾道ミサイル、拉致問題解決のため、日米韓中の連携強化